仕入生産管理

部署の垣根を超えたフラットな環境での“ものづくり”社員が納得できる商品をお客様の元へ

商品部仕入生産管理課 / 齊藤 愛美

商品をお客様の元へ

商品部の主な役割は取扱いアイテムの生産管理です。世の中の動きや営業担当との情報交換等を通じて、商品が欠品にならないように生産計画をコントロールします。

具体的に3つの業務をしており、国内外からの原材料・資材の調達や生産スケジュールの調整・進捗管理、在庫管理です。日々の出荷実績を確認し、毎月はじめに翌月の製造計画を立てます。製造計画を立て終えたら、必要な原料資材を確認し、手配をします。

イレギュラーな依頼にもなるべく対応できるように心掛けています。効率よく、みんなが不満を抱えることなく仕事をしたいと考えているので、改善すべき点があった場合には相談等、積極的にコミュニケーションを取るようにしています。

全社員で2月と8月に棚卸を実施しますが、その際は商品部がリーダーとなり責任をもってカウントできるよう努めます。

新商品が出来上がった時の達成感

自社商品がお店に並んでいるのを見つけたときはとても嬉しい気持ちになります。その中でも自分が担当している商品を見つけた時はもっと嬉しく、誇らしい気持ちになります。

特に、新しい商品が店頭に並ぶまでには企画~製造~販売という流れになります。営業や企画など様々な部署と調整しながら商品を完成させていくので、コミュニケーションを取ることが不可欠です。出来上がるまでの過程を思い出すと感慨深いです。

常に「欠品させないこと」「納期を守ること」を念頭に置いて仕事をしております。日々在庫確認をしていても販売数によっては欠品してしまうことがありますが、製造加工所と連携をとり、一日でも早く商品を納めることができるようにやりとりをしています。

仕事だけではなく、プライベートも充実に

「欠品をなくすこと」が私の中での一番の目標です。適正在庫数を見極めて、より正確な調整ができるようにしたいです。なぜならお客様が欲しいと思われたときや当社の営業がセールスしたいと思ったときに100%の提供ができるようにしておきたいからです。

仕事をする上で社内外とのやりとりが必要なので、常にコミュニケーションをとり、みんなが気持ちよく仕事をできるようにしたいと考えています。

また女性比率が高い当社では、産休・育休・時短制度を取得した先輩もたくさんいるので、子育てしながらでも心配なく働けると安心しています。

有休がとても取得しやすいので、お休みを有効的に使用し海外旅行に行くなどリフレッシュすることもできます。

1日のスケジュール

9:00出社 メールチェック 一日のスケジュールチェック
9:30 実績集計
10:00 生産報告
12:00昼休み 休憩室で他部署の人たちとお弁当ランチ
13:00 製造依頼
15:30 不足原料・資材の手配
16:30 原料問い合わせ対応
18:00退社 友達と待ち合わせてディナーへ

先輩インタビュー

ページトップへ